« ヴィッツの中古車査定 | トップページ

2017年5月20日 (土)

カローラフィールダーの値引き額と140系の下取り査定額

今までカローラフィールダーは、小型ステーションワゴンの独壇場でしたが、ホンダシャトルも新たな選択肢となってきています。

140系カローラフィールダーに乗っていて、車検3回目の人は、最新モデルのカローラフィールダー・ハイブリッドに、関心ある人も多いのではないでしょうか。

新車で購入する時に注意しておきたいことは、オプションや諸経費が加算され、その上で値引きをして、総額が算出されます。
この値引き額がとても大切なのです。

値引き時期、地域性、グレード、ディーラーの状況等で値引き額が左右されると言われますから、カローラフィールダーを購入するタイミングを見計らう必要があります。
値引き目安としては、大体本体価格の10%程度じゃないかと言われています。

新車のカローラフィールダー・ハイブリッドが219~247万円ですから、20数万円の値引きとの感じです。もちろん、あくまでも参考程度です。

それと下取り額も大切です。
直接車を見てもらって評価して査定してもらうのが一番良いですので、カローラフィールダー140系の下取り査定が、どれほどになるか、まず買取査定を受けると良いでしょう。
できるだけ総支払額が少なくなるように、考えていきたいですね。

« ヴィッツの中古車査定 | トップページ